アメリカ留学で最先端の学問を見につける!

留学と海外留学はとてもいい

留学という、だいそれたことはしたことない。ただ、海外へいったことはある。それは、インドネシアというところだ、その中でも、南カリマンタン島のバンジャルマシンカルセルというところだ。今でも、記憶に残っている。高校生の中で、選抜でいったのだ、目的は、赤十字のボランティアにもとづいて、国際交流ということだ。英語とかまったく得意ではない。ただ、人と話すのはすきだし、旅をするっていうのが一番おもしろい。自分が泊まったホームスティ先は、医者がいる家族だった。海外留学とはいかないけども、旅の留が学といってもよかろう。インドネシアは、公用語は英語なので、だいたい通じる。それに結構、面白い人たちがいる。海外留学といえば、堅苦しいが、自分が海外へいきたかったら、動機はなんでもいい。私の場合は、夢がとにかく海外へいきたいってことだったから。夢はかなったということだ。3泊4日の短い期間だったけども、楽しかった。楽しければそれでいい。仕事とかプライベートとか人生もそうだ、楽しくなければ、れ生きた心地がしない。これからも、人生のテーマにしたい。海外留学にしても、きちんとした目的がないと海外へいっても意味がない。色々な理由があって、海外留学をする人がいることだろう。そこにいるあなたは、どんな目的で海外へいってみたいのか。決めないといけないと思う。私は、ただ単に海外へいきたいっていうのが夢だったので、目的としては達成したと思う。

これから、海外へいってみたい人の中で、どんな目的でいきたいのか、しっかり決めてから、いったほうがいい。私は、インドネシアで多くのことを学んだ。インドネシアの人たちが何を考えているのか。なにが一番欲しいのか。インドネシアにいってよかった。

関連情報

Copyright (C)2017アメリカ留学で最先端の学問を見につける!.All rights reserved.